〜催眠療法(ヒプノセラピー)の暗示 催眠は魔法ではない 催眠のカラクリ 神奈川県小田原市にあるカウンセリングルーム〜
ヒプノセラピー心理療法専門
米国NLP協会認定 米国NLP協会認定(神経言語プログラミング)

ヒプノセラピーのスペシャリスト

心の専門家 メンタル心理エキスパート
秘密厳守・完全予約制
受付時間10:00〜21:00(不定休)
  TEL0465-37-5551
神奈川県小田原市鬼柳864−2

〜自己改革セラピー〜
心の悩み・心理相談の専門機関
性格改善・対人恐怖症等根本的な克服

短期解決の心裡療法
催眠療法(ヒプノセラピー)と催眠術の違い
TOP 催眠療法の心理エキスパート 神奈川 静岡 横浜 東京ヒプノセラピー・心理療法への情熱NLPカウンセラーご紹介催眠療法・心理カウンセリングの体験談ヒプノセラピスト・カウンセラー養成講座カウンセリング料金催眠療法・心理カウンセリングへのご予約とお問い合わせ
催眠療法・NLPカウンセリングのご案内
心理セラピーへの情熱
自己改革セラピーの特徴
催眠療法について
(ヒプノセラピー)
催眠術と催眠療法の違い
カウンセリング流れと内容
カウンセリング効果と回数
お悩み相談メニュー
催眠療法・セラピーQ&A
カウンセラー紹介
カウンセリングルーム
手法する心理療法
NLP・催眠療法体験談
心理セラピーの料金
(各コースとセッション内容)
失恋カウンセリング
カウンセラー養成講座 NLPコミュニケーションセミナーのご案内
カウンセラー・ヒプノセラピスト養成講座
NLPコミュニケーションスキルアップ講座
ソースセミナー
催眠療法・カウンセリングのご予約とお問い合わせ
ご予約・お問い合わせ
プライバシーポリシー
(守秘義務の徹底)
潜在意識の世界
こころセラピー
ハゲと催眠
メンタル心理エキスパート
モバイルサイト
メンタル心理エキスパートのモバイルサイト








































 催眠療法(ヒプノセラピー)と催眠術の違い




 催眠療法って聞くとどんなイメージ的なことを思い浮かべますか・・・?

 おそらく催眠の本質をご存知でない方はこんな感じで思い浮かべたのではないでしょうか・・・。

 あなたの悩みに対してカウンセラーが催眠をかけ催眠状態にして、そして悩みがなくなるような暗示を唱えてまるで魔法のように悩みを取り去る。

 たとえばあなたのお子さんが不登校でお悩みだったとします。そこでお子さんに催眠療法士(ヒプノセラピスト)がこんな暗示をかけたとします。

「あなたは明日から学校に行くのが楽しくて、楽しくてしかたありません。だから朝起きる時もワクワクしながら起きて学校に行くことができます・・・」

それでお子さんが見事にこの催眠暗示にかかって、学校に行ってくれて、親であるあなたの心配や悩みも解決した!


 がっかりするかもしれませんが・・・。

催眠療法(ヒプノセラピー)はこういった魔法のようなものとはまったく違います。

ここの部分を深くご理解していただければ幸いです!


 もしこれで悩みが解決するのであれば、私は神様になっています(笑)

 ですから、本人は何もしなくてすべてカウンセラー任せで心の問題が嘘のように無くなってしまうことなどありませんのでご了承ください。

 基本的に催眠暗示は、本人が望んでいない暗示は拒否又は無視して、潜在意識に暗示はまったく入りません。それは催眠状態が深くなれば、なるほどそうなります。

 ということは、今現在本人が学校へ行きたくないと強く思っているときにはいくら催眠をかけて暗示を入れたとしても拒否されてしまいます。ですから上記のような暗示を与えてもまったく効果ありません。それよりもまずは本人が学校へ行くことを拒んでいることに対してアプローチしたほうが効果的に進められると思います。


 これは催眠術でも同じことです。
                                   催眠誘導のイメージ写真
 ではここで簡単な催眠術のカラクリをお話します。

 テレビで見かける催眠はいっけん「やらせ」のように見えたりしますよね。実は本当に暗示にかかっているんですよ。

 術師が「あなたはこれから、目を開けたときどうしても数字の7だけが思い出せません」と暗示をかけたとします。

 実はこんな簡単な暗示でも催眠に深くまでかかる人は見事にかかってしまうんです。

 これは術師の腕もありますが、それよりも重要なことは、いかに催眠にかかりやすい人を見分けることができるのか・・・。これがポイントです。


 また深い催眠状態まで入れる人は5人に1人くらいと言われています。(私が行っている療法では催眠に深く入れるか入れないかはあまり関係ありません)


 でも先程言ったようにいかに深い催眠に入ったとしても、本人が望んでいない暗示は入りません。

 テレビなどでやっている催眠法は番組を盛り上げる為には、くだらない暗示のほうが視聴者も自分もメリットがありますので、くだらない暗示でも受け入れやすくなるのです。だからこそ催眠にかかってしまうのです。

 ところが術の暗示の場合は、早ければ一歩部屋を出てしまえば暗示が解けてしまいます。

 ですから、さきほどの不登校の子供さんにいくらポジティブな暗示をかけてもすぐに解けてしまうのでまったく無意味ですよね。そんなの時間とお金の無駄ですよ。

 これが術の簡単なカラクリです。


 そこで療法では、色々と誘導暗示はありますが基本的にリラックス暗示を与えながら、ここちよい環境で心の深い部分とつながっていき、意識では思い出せないような記憶の奥にあるネガティブなものを書き換えていくインナーチャイルドセラピーをしたり、メタファー(たとえ、隠喩)暗示を潜在意識に与えたりしていきます。

 ですから術と療法ではまったく目的が異なります。
 また共通点があるとすれば、リラックスした催眠状態が似ているということですかね・・・。







Copyright 2004 mentarusinriexpert All Rights Reservsd