インナーチャイルドセラピーで対人緊張を克服

2019年6月19日

【生の声カウンセリング体験談№20】

①性別:女性
②年齢:40代
③所在地:不明
④セッション回数:2回
⑤職業:主婦
⑥悩み状況:対人恐怖症(社会不安障害)と自己否定
⑦悩み歴:約30年
⑧精神科・心療内科・カウンセリング歴:通常のカウンセリング

この体験談は対人恐怖症(社会不安障害)と自己否定感が強く、対人緊張で長年悩まれている方に特にお勧めです。

 

対人緊張と自己嫌悪を克服

私はずっと自己否定感と対人緊張に悩んでいました。人の言動に傷つき易く、いつも人から拒絶されてしまうような不安感がありました。夜になると自己嫌悪の落ち込みがひどく、動悸や胸の重苦しさで眠れないことがよくありました。

体の不調が続き、過呼吸にもなってしまい、限界を感じて、杉田先生を訪ねました。先生の「こころの相談室」の本を読んで、この先生になら私でも心を開いて話せるかもしれないと思ったのです。

今まで誰にも話せなかった悩みをありのまま話すことができました。この時すでに、私が一番なりたかった「自然体の自分」になれていたように思います。
一度目のセッションで「インナーチャイルド」を受けました。

子供の頃の自分と対面でき、とても不安そうなその子のことを、とても愛おしく感じることができました。終わった後、いつも胸に詰まっていたボーリングの玉のような重苦しい感じが消えていました。私は一度のセッションで自然に自己否定感が無くなっていました。とても不思議な感じでした。

自己否定感がなくなると、対人緊張も和らいできました< そして、今まで私は、自分の弱さにつながるような感情(不安感・孤独感など)を押さえ込んでいたように思いました。私自身が弱い自分を拒絶していたから、他人に拒絶されているような不安感を持っていたのだと気づきました。

二度目のセッションでは「嫌な出来事があった時に、その記憶を薄くする方法」を習いました。簡単で自分でできるので、とても役立ちそうです。 杉田先生は、私の悩みを頭でなく、心の奥底で理解してくれているように感じられて、心をオープンにできました。杉田先生は本当にカウンセラーが天職ですね!

私も杉田先生のように、人を包み込むようなあたたかさを持った人に成長していきたいです。帰る時には、先生が女性だったらハグしてお礼を言いたいくらい、心がふんわりと軽くなっていました。潜在意識の不思議さとNLPのすばらしさを体験し、NLPについてもっと知ってみたくなりました。杉田先生と出会えて本当に幸運でした。ありがとうございました。

 

対人緊張を克服されたこの方の杉田談

書籍「こころの相談室」を読まれて、少々遠方ながら、お越ししていただきありがとうございました。この方は心が純粋で優れた癒しのパワーを持たれていたので、その能力が発揮され、インナーチャイルドセラピーで自分で自分を癒すことが出来たのだと思います。

人は誰でもがそういった心のパワーを持たれているのだと私は信じています。

自分のインナーチャイルドと向き合う覚悟ができれば、高い確率で心の問題は解決していけると私は感じています 。

こころの相談室

「こころの相談室」という書籍は、株式会社アイセキュリティの代表である伊藤敦子さんが運営しているカウンセリングルーム検索サイト「こころ相談.com」と開業当初からご縁があり、数人のカウンセラーさんの本を作りたいという依頼を受けて、私も参加させていただき原稿を書かせていただきました。

対人恐怖症カウンセリングセラピー体験談へ


▼個人カウンセリング・セラピー関連▼

サイトトップページ

カウンセリングセラピーのご案内

カウンセラー杉田のプロフィール

症状別カウンセリング体験談

カウンセリング料金システム

手法する心のオペ内容

所在地・交通アクセス

ご予約とお問合せ

Posted by expert44