いじめ後遺症カウンセリングセラピー体験談

2019年5月18日

【生の声カウンセリング体験談ファイル№49】

①性別:男性
②年齢:20代
③所在地:九州地区
④セッション回数:2泊3日集中コース
⑤職業:大学生
⑥悩み状況:対人恐怖症
⑦悩み歴:10年以上
⑧精神科・心療内科・カウンセリング歴:有り

いじめを受けたことにより自分自身にまったく自信を持つこともできず人間関係で悩み「自分は何も価値がない死んだ方がましだ」そんなふうに想われている方に希望を持つことができる体験談かもしれませんね。

 

すっかり対人恐怖症を克服

 

いじめ後遺症による対人恐怖症を克服された大学生の自筆カウンセリング体験談1枚目です
いじめ後遺症による対人恐怖症を克服された大学生の自筆カウンセリング体験談2枚目です

 

いじめ後遺症による対人恐怖症を克服されたこの方の杉田談

2泊3日コースの人が怖い悩みを克服していくカウンセリングが終了し、10ヶ月くらいしてから電話をもらいました。そのときの彼の一言が「すっかり対人恐怖症がなくなりました!」でした。私はその言葉がすごく嬉しくてしかたありませんでした。あれだけ人間関係で苦しんでいたのでなおさらです。

おそらく、カウンセリングが終了してからも地元に帰り彼は色々と努力をされたのだと思いました。九州方面から来てくださり本当にありがとうございました。就職もいいところに内定をもらったと聞いて、心の底からわたしも喜んでいます。

この方の対人恐怖症につながっている根本的な心の問題は、やはり小中学校のときのいじめられた経験が、いじめ後遺症として心に強く残っていたことと、幼少期のお母さんとの関係がこの悩みと密接につながっていました。

対人恐怖症(社会不安障害)カウンセリングセラピー体験談TOPへ


▼個人カウンセリング・セラピー関連▼

サイトトップページ

カウンセリングセラピーのご案内

カウンセラー杉田のプロフィール

症状別カウンセリング体験談

カウンセリング料金システム

手法する心のオペ内容

所在地・交通アクセス

ご予約とお問合せ

Posted by expert44