催眠療法カウンセリングQ&A

2018年4月14日

 催眠状態(トランス状態)とはどんな状態ですか?又安全なのでしょうか?
私たちは催眠状態(トランス状態)を毎日数回体験しています。寝る前のまどろんでいる状態や寝起きの時、あるいは何かに一点に集中している時もそうです。ですから、全く心配することはありませんよ。


 催眠療法で心を操られるようなことはありますか?
催眠術と催眠療法は目的が全く違うものなので、心を操られるようなことは一切ありません。特に催眠状態になると自分が受け入れたくない暗示は拒否又は無視しますのでご安心下さい。


 催眠療法は魔法のようなイメージがあるのですが?
私も以前はそう思っていました。(笑)催眠療法から醒めた後、苦しんでいた悩みが全くなくなっていたとか、思っていました。もしそのような療法があったら、私も受けてみたいです。ですから、催眠療法は魔法のようなものではありません。ただし、脳と心のしくみを理解し、催眠を信じ、自分を信じれば魔法はかかりやすくなりますよ。


 私は催眠にかかりにくいみたいですが、悩み改善に影響はありますか?
私のところではほとんど関係ありません。その前に広い意味で催眠にかからない人はいないです。なぜかというと催眠は思い込む力だからです。ですから、自分がよくなると思っていれば、問題はありませんよ。


 傾聴カウンセリングは改善するまでに数十回や数年かかると聞いたのですが、先生のところでは、なぜ短期間で済むのですか?
一つがさまざまな心理療法を扱い心のオペがしっかりとできるという強みですね。人は十人十色ですからね。ですから、その人に合わせてセッションを行っていきます。二つ目が悩みや心の問題には必ず『心の共通した働き』があります。それを知りそのポイントに焦点を合わせていくからこそ、短期間で驚くほど軽減していくのです。


 誰でもが短期間でよくなるのですか?
個々のクライアントさんの症状や改善したい気持ち、イメージ力などの違いがありますが、短期間で軽減する方が多いです。ただし、軽減する個人差はありますので1回で解決する人もいれば、5回以上かかる方もいます。ただし、3回~5回前後の方が多いです。


 杉田さんのところでカウンセリングを受ければ誰でもが改善してもらえるんですか?
正直に言います。私の行うセラピー(療法)を半分以上信じていただき、そしてなにより自分が「良くなりたい、なんとかしたい、変わりたい」という気持ちが強ければ、強いほど改善しやすくなります。ですから、そういった気持ちを持っていれば必ず改善します。


 精神科や心療内科に通って薬を飲んでいるのですが、それでもNLPカウンセリングや催眠療法を受けられますか?
入院をしなければいけない状態とかでなければ、全く問題はありません。ただし、症状や病名によってはお断りする場合がありますのでご了承ください。


 セッション期間中の電話やメールでのメンタルケア対応はしていただけるのでしょうか?
心配ありませんよ。ある程度の電話やメールでのメンタルケアはさせていただきます。もちろん無料です。ただし、常識の範囲内でお願いしています


 カウンセリングを受けたいのですが、一歩の勇気がでません。どうしたらいいでしょうか?
自分がどのような人生にしたいかを決めるのは、誰だと思いますか?
そう、自分です。今のままでいいのか?それとも、さらに人生を色々な意味で豊かにしたいのかは、自分で決めるわけですよね。しあわせになる覚悟ができたら、迷わずお越し下さい。


 催眠療法やカウンセリングを受けるのは、精神的な症状がある人が受けるというイメージがあるのですが?
確かに日本では今のところまだそういったイメージが定着していると思います。しかし、催眠療法やカウンセリングは、ストレスがたまったと感じた時や、今の自分より少しでも幸せになりたいと思っているのであれば、受けられた方がいいかもしれません。実際アメリカのある州では、日本の床屋や美容院のように所々にあり、1ヶ月に1回は心のケアーをしているそうです。

もしまだこの他にカウンセリングを受けるにあたってお聞きしたいことがありましたら、遠慮なくお問い合わせくださいね。私杉田が責任を持って対応させてもらいます!


NLPカウンセリングセラピーのご案内

NLPカウンセラー杉田のプロフィール

症状別カウンセリングセラピー体験談

NLPカウンセリング料金システム

手法する心のオペ内容

カウンセリングのご予約とお問合せ

 

Posted by expert44