わかりやすい催眠療法(ヒプノセラピー)の色々

2018年8月24日

神奈川県で最高峰の催眠療法(ヒプノセラピー)を受けられます


あなたは催眠に対してどんなイメージをもっていますか?

中には怖い、怪しそうだ、インチキくさいと思われる方もいると思います。または催眠術のように暗示にかかり今抱えている心の悩みが簡単に解決していけるのかもしれない・・・と考えている方も多いのではないでしょうか・・・。

ところが、実際の催眠セラピーはまったく異なっていますのでそのへんをふまえながらお話させていただきます。

催眠セラピーとは簡単に言うと人間が元々持っている潜在能力や自然治癒力などを催眠状態(トランス)を利用しながら、能力を引き出す方法と思っていただければいいと思います。

ですから私は催眠状態(トランス状態)を雑念がなく一つのことに集中している心の状態だと思っています。集中力がいつもより数倍高まるわけですから、それは普通の状態よりも良いパフォーマンスがしやすくなると思いませんか?

人間は1日に6万という莫大な思考が浮かんでくるそうです。それは理性の働きと言えるかもしれませんね。アスリートの方が試合前や試合中に雑念がどんどん浮かんできたら競技に集中して素晴らしい結果を出すことは難しいということはあなたもご存じだと思います。

現在までの間にあなたの脳にすり込まれているお悩みの原因となっているネガティブな価値観や思い込みなどが、あなたの行動パターンや習慣を作り出しています。

ですから無意識のうちに自らが今は望んでいない人生ストーリーを創ってしまっているのです。その無意識の中に閉じ込められていネガティブな思考パターンを意識化していきます。

催眠状態を利用しながら、そういった現在では必要ない思考パターンの癖の枠組みを修正しながら今あなたに適したポジティブな思考パターンに変換していきます。

よくそのことをビリーフチェンジと言ったりもします。

その結果自己改革が可能になったり、心の問題が解決していく仕組みとご理解していただければ幸いです。

そのポジティブな思考パターンを催眠状態(トランス)で行うことにより、より潜在意識に暗示が届きやすくなります。結果、元々あなたに備わっている潜在能力を引き出すことも可能になっていくのです。

 

催眠療法(ヒプノセラピー)と催眠術の違い

 

では催眠術とどうちがうのか?と疑問に思われている方も多いと思いますので語っていきたいと思います。

もしかしたら、催眠療法(ヒプノセラピー)のことをこれから話をすることのように感じていらっしゃる方も多いのかもしれませんね。

あなたの悩みに対してヒプノセラピストが催眠をかけ催眠状態(トランス)にして、そして悩みがなくなるような暗示を唱えてまるで魔法のように悩みを取り去る。

たとえばあなたのお子さんが不登校でお悩みだったとします。そこでお子さんにヒプノセラピストがこんな暗示をかけたとします。

「あなたは明日から学校に行くのが楽しくて、楽しくてしかたありません。だから朝起きる時もワクワクしながら起きて学校に行くことができます・・・」

それでお子さんが見事にこの催眠暗示にかかって、学校に行ってくれて、親であるあなたの心配や悩みも解決した!

がっかりするかもしれませんが・・・。

催眠療法(ヒプノセラピー)はこういった魔法のようなものとはまったく違います。

ここの部分を深くご理解していただければ幸いです!

もしこれで悩みが解決するのであれば、私は神様になっています(笑)

ですから、本人は何もしなくてすべてカウンセラー任せで心の問題が嘘のように無くなってしまうことなどありませんのでご了承ください。

基本的に催眠暗示は、本人が望んでいない暗示は拒否又は無視して、潜在意識に暗示はまったく入りません。それは催眠状態が深くなれば、なるほどそうなります。

ということは、今現在本人が学校へ行きたくないと強く思っているときにはいくら催眠をかけて暗示を入れたとしても拒否されてしまいます。

ですから上記のような暗示を与えてもまったく効果ありません。それよりもまずは本人が学校へ行くことを拒んでいることに対してアプローチしたほうが効果的に進められると思います。

これは催眠術でも同じことです。

催眠療法で集中するイメージ

ではここで簡単な催眠術のカラクリをお話します。

テレビで見かける催眠はいっけん「やらせ」のように見えたりしますよね。実は本当に暗示にかかっているんですよ。

術師が「あなたはこれから、目を開けたときどうしても数字の7だけが思い出せません」と暗示をかけたとします。

実はこんな簡単な暗示でも催眠に深くまでかかる人は見事にかかってしまうんです。

これは術師の腕もありますが、それよりも重要なことは、いかに催眠にかかりやすい人を見分けることができるのか・・・。これがポイントです。

また深い催眠状態まで入れる人は5人に1人くらいと言われています。
(私が行っている療法では催眠に深く入れるか入れないかはあまり関係ありません)

でも先程言ったようにいかに深い催眠に入ったとしても、本人が望んでいない暗示は入りません。

テレビなどでやっている催眠法は番組を盛り上げる為には、くだらない暗示のほうが視聴者も自分もメリットがありますので、くだらない暗示でも受け入れやすくなるのです。だからこそ催眠にかかってしまうのです。

ところが術の暗示の場合は、早ければ一歩部屋を出てしまえば暗示が解けてしまいます。

ですから、さきほどの不登校の子供さんにいくらポジティブな暗示をかけてもすぐに解けてしまうのでまったく無意味ですよね。そんなの時間とお金の無駄ですよ。

これが術の簡単なカラクリです。

そこで療法では、色々と誘導暗示はありますが基本的にリラックス暗示を与えながら、ここちよい環境で心の深い部分とつながっていき、意識では思い出せないような記憶の奥にあるネガティブなものを書き換えていくインナーチャイルドセラピーをしたり、メタファー(たとえ、隠喩)暗示を潜在意識に与えたりしていきます。

ですから術と療法ではまったく目的が異なります。
また共通点があるとすれば、リラックスした催眠状態が似ているということですかね・・・。

 

基本的なヒプノセラピー4つの技法

 

  • 古典催眠(医療催眠、ビジュアライゼーション)
  • 退行催眠と年齢退行(インナーチャイルド、前世療法)
  • 現代催眠(NLPで言うミルトンモデル)
  • EQ催眠(心理エキスパート独自の催眠

基本的な催眠技法

 

古典催眠(医療催眠、ビジュアライゼーション)

リラックス暗示を与えながら・・・催眠状態に深く入っていき・・悩みや心の問題に対して克服できているようなあなたが望んでいるイメージを鮮明に思い浮かべて直接潜在意識に暗示として与えていくという方法です。

それと全身の脱力暗示を与えることにより、深く催眠状態に入っていくことが可能になります。その結果自律神経を整える効果も期待できます。また一流のアスリートがメンタルトレーニングをしたりするのを聞くと思いますが、それはこのビジュアライゼーションという技法に当てはまると思います。

また禁煙セラピーなども可能です。

催眠療法(ヒプノセラピー)で禁煙が成功した方の体験談

 

退行催眠と年齢退行(インナーチャイルド、前世療法)

ある程度の催眠状態になり、現在あなたを悩ませている症状に関係ある過去のトラウマ的な出来事にアクセスして、そのトラウマ的な出来事の記憶を書き換えたり、その記憶のイメージの見え方、聞こえ方、感じ方などを変えていくものです。

そのことによりトラウマ的な出来事が現在のあなたに大きな影響を与えなくなっていきます。この方法はインナーチャイルドセラピーとも言っています。また前世療法はご依頼があったときのみに限り行います。

当社独自のインナーチャイルドビリーフチェンジセラピーの詳細

 

現代催眠(ミルトンモデル)

現代催眠とは、普通の会話をしていながらでも潜在意識に暗示を与えることができる素晴らしい話法です。普通の会話をしているうちにいつの間にか、あなたのネガティブな思い込みが解かれたり、悩みに対してとらえ方や枠組みが変わり、結果としてあなたのお悩みが解決していく優れものです。

詳しくお話しするとネタがばれてしまいますので控えさせてくださいね(笑)

またこの技法を医療催眠と組み合わせることによって心の問題を解決する大きな手助けをしてくれます。

 

EQ催眠(杉田メソッド催眠法)

EQ催眠とは私が創りだした催眠法です。この技法は催眠状態のときにお悩みに関する効果的質問をしていき、意識では気づくことができない領域に踏み込むことができることにより、たくさんの気づきや学びを得ることができます。

その結果心の深い部分で重要なことを気づくことができ、お悩みに関するとらえ方が変換し、心の問題が解決していきます。また私が強く提唱している「心の基礎」を築いていくためにはなくてはならない催眠法です。

 

オーダーメイドの催眠療法(ヒプノセラピー)

メンタル心理エキスパートでは、個人それぞれ異なって持っている性格的なことを根本解決可能な退行催眠によるインナーチャイルドセラピー、そして心の問題の深層心理にある深い気づきが得られるEQ催眠法が根本解決に役に立っています。

ネガティブな思い込みやあなたを苦しめていると思われる思考パターンを崩壊していくために現代催眠をカウンセリングに取り入れていきます。

そのことにより普通の会話をしているのに自然と心が軽くなったり、大きな気づきを得られたりします。

 

医療催眠とミルトンモデル(エリクソン催眠)のコラボにより、あなただけのオーダーメイドCDをご希望により作成することも可能です。

催眠暗示は個々によって違いますので効果を上げるためにはあなたに合った暗示を作成することがとても大切になっていきます。またこの手法は自律神経を整えることにも有効です。

またこのミルトンモデルでメンタルブロックを外すことも可能です。

 

その他、私が稀に使う技法は、催眠状態になってもらい亡くなった方と再会して色々とお話していただくという方法もあります。受けられたほとんどの方が、亡くなった方へのわだかまりや未練、言い残したことなどがあり、心がモヤモヤしている状態でしたが、様々な気づきを得られて心が軽くなっていきました。

ヒプノセラピーで心の問題を解決イメージ写真

悩みや心の問題にはあなたを幸せに導くヒントが沢山隠れています。

ですから悩みや失敗、心の問題はそれを乗り越えることによって、色々な事に気づくことができ、あなたは人格的にも人として『心の成長』をしていくことができるのです。

私は日々のNLPカウンセリングや心理療法を施術体験する中で、心の悩みや心の問題にはある重要なことが2つあることを発見しました。

その重要な2つの『心のカラクリ』が心の悩みや問題、そして自らの心の問題を克服いくために非常に重要なポイントになってきます。

この心のカラクリを理解し、そしてこのポイントに焦点を合わせて、催眠療法(ヒプノセラピー)を施術することにより、セラピーの効果をかなりアップさせることが現実になりました。

また無意識のうちにあなたの心にかけている『心のブレーキ』を外すことができるようになっていきます。。そうすることにより、『心の基礎』ができ、結果として短期間(3回~5回)で驚くほど改善していくことも可能です。

メンタル心理エキスパートの催眠法は、従来のヒプノセラピーとは違い、催眠にかかりやすいとか、かかりにくいとかはあまり関係がありません。

そして、催眠術とはまったく異なるものですので洗脳されたり、意識がなくなるようなことは一切ありませんのでご安心してセラピーを受けていただくことができます。


NLPカウンセリングセラピーのご案内

NLPカウンセラー杉田のプロフィール

症状別カウンセリングセラピー体験談

NLPカウンセリング料金システム

手法する心のオペ内容

カウンセリングのご予約とお問合せ

 

Posted by expert44